犬のダニ予防の薬はネットで買おう

このエントリーをはてなブックマークに追加


犬は散歩中等にダニにかまれてしまう事があります。
小さい生き物だからそのまま放置しておいても大丈夫、そのままにしておいてもそのうちどこかに去って行ってくれるだろう、そんな事を思っている人もいるかもしれません。
また見つけたら無理矢理体から引き離せば簡単に取り除く事ができるはずだと思っている人もいるはずです。
しかし実際にはそうではないので注意がが必要です。
まず1回かまれると、そこから体内にある血液を吸われてしまいます。
種類によっては体重の100倍もの血液を吸ってパンパンになってしまう事も有るほどです。
しっかりとかみついている状態になるので、そんなに簡単に取り除く事はできません。
いつまでも血を吸われ続けると、結果的に貧血や栄養障害等が起きてしまう事があるので注意しましょう。
また無理に体から引き離そうとすると、体の一部が残ってしまう事も有ります。
そうすると皮膚炎を起こしたりする事があるので、むやみやたらに取り除いてはいけません。
さらにそもそも病原体を運んでくる為、時には感染症を引き起こしてしまったりする事も有ります。
それが原因で命を落としてしまう事も有るので、飼い主としては細心の注意を払っておかなければいけません。
従って、散歩等で噛まれてしまってから対策を講じていては遅いと言っても良いでしょう。
だから事前に予防しておく事がとても重要です。
重要な事はむやみに草むらに近づかないという事です。
しかしそれだけで100%防ぐ事ができるかと言ったらそうではないので注意しましょう。
やはり駆除剤を利用する事が効果的です。
しかしこれは1回使っただけで効果が永久に続くという物ではなく、使い続けなければいけません。
そのため、飼い主の中にはホームセンターとかで売られている物を買ってくる人もいるでしょう。
確かにそれも駆除等には効果を発揮しますが、実は医薬品ではないという事をご存知ですか。
だから時にはその効果がすぐに消えてしまう事があるので注意しましょう。
高い効果を期待したいのであれば、医薬品を使う事をお勧めします。
医薬品と言えば動物病院で処方してもらわなければ手に入れる事は出来ないと思われがちですが、そうとは限りません。
例えばペットくすりであればその取扱いがあります。
勿論個人でも購入する事ができるので、飼い主が自分の家で飼っているペットの為に購入する事は可能です。
取り扱っている物も医薬部外品ではなく医薬品なので、より効果が期待できると言って良いでしょう。
ペットくすりの場合、海外の医薬品を個人輸入する形となります。
日本国内では取り扱いがない薬でも手軽に手に入れる事はできますが、注文できるのは飼い主だけだとう事を理解しておきましょう。
またシンガポールから荷物が届く事になるので、注文してから届くまで少しだけ時間がかかります。
実際に商品が手元に届くまでは、散歩をする時等は草むらには絶対に行かない事が重要です。
商品が手元に届いたら、今度は使い方をよく読んで正しく使ってあげましょう。