病院嫌いの我が家の犬とフィラリアの薬

このエントリーをはてなブックマークに追加


我が家には1匹犬がいます。
私が社会人になった頃に我が家に迎え入れた子で、今も元気いっぱいで跳ね回っています。
ただ動物病院に行くのは本当に嫌みたいで、自宅から車に乗せて行く時も様子が違うと察知してしまう程です。
動物病院の建物を見ると、かなり警戒して駐車場に車を止めても車から降りたがりません。
多分凄く嫌なのでしょう。
だから診察台に上がっても大体は逃げようとします。
いつも先生には苦笑いされて、結局先生と看護師さんで抑えつけて診察をする状態です。
診察自体はとても必要な事に見えますが、涙を貯めながら震えている姿を見ると飼い主としては凄くかわいそうになってしまいます。
そして動物病院から帰ってくると大体リビングにあるサイドボードかソファの下に潜り込んでしまってなかなか出てきてくれません。
だから私としては大切なペットですが、動物病院に連れていく回数を減らした方が良いのではないかと以前から思っていました。
とはいっても予防接種は必要だし、フィラリアの薬とかも投与してもらう必要があります。
特に我が家の場合は外が大好きなので蚊に刺される機会は室内だけで過ごしている子に比べると多いと思います。
だからどうしても予防する事は重要です。
しかし動物病院に行かなくても必要な物を手に入れる事ができる方法がある事を知りました。
それがペットくすりでした。
ここのサイトなら動物病院に行って処方してもらわなくても必要な物を手に入れる事ができます。
全て自己責任となるので投与に関しては凄く注意深く行う必要はありますが、今まで利用した事がある人であれば今迄通りに投与すれば良いのでそれほど難しくないでしょう。
我が家の場合は動物病院に行くのがストレスになっている感じがしたので、その回数を極力減らそうと思ってペットくすりを利用し始めました。
定期的に病院に行かなくても良くなったので、今は外出する時に車に乗せようとしてもそれほど警戒されなくなりました。
また、最初はそれほど意識していませんでしたが、結果的には年間の医療費も少し安くなったので良かったです。
特にペットの場合は保険が適用されずに全額自己負担となってしまうので、こうして安くなる事は飼い主としてもありがたい事です。
今の所我が家にはペット自体1匹しかいないので、この子以外の為にペットくすりを利用する必要はありませんが、また別の子を家族に迎える事になったら、その子の分もペットくすりで注文しようかと思っています。
動物病院に対して過剰な拒否反応を見せていた時は、本当につれて行くのがかわいそうで投与自体やめてしまおうかと思った事も有りました。
ただやはり病気になってしまうのは凄く心配です。
蚊は室内には殆ど入ってきませんが、家の周りには沢山いるからです。
外出すればもしかしたら病気にかかってしまうかもしれません。
しかしこうして病院に行かなくても必要な物を投与する事ができるので、飼い主としても安心して外に行かせる事ができます。