ノミ・ダニから愛犬を守ろう

このエントリーをはてなブックマークに追加


愛犬は家族同様に、大切に可愛がってあげなければなりません。
言葉が話せない分、何を考えているのか、どうして欲しいのかを見極めるのも飼い主の大切な役目です。
ペットには、普段生活しているだけで病気になることが沢山あります。
その中でも有名なのは、ノミやマダニによる病気です。
春先から秋にかけて大量発生するこの寄生昆虫は、大切なペットの体表上で繁殖して卵を産みます。
その卵やサナギがペットの体表から落ち、寝場所やすべての行動範囲に散らばり、数をどんどん増やしていきます。
ペットは激しいかゆみに苦しむだけではなく、アレルギー性皮膚炎にかかったり、体内に寄生した場合には、嘔吐、下痢などを起こします。
毎日欠かせない散歩の中にも、ペットの健康を害する虫がたくさんいます。
危険な虫からの予防方法として、首輪やスプレーなどで対策したり、ハーブ系のアロマを置いたりなどがありますが、どれも完全に予防できているわけではありません。
薬局などで簡単に手に入る駆除剤などがありますが、病院で処方される薬よりも効果が低いことがあります。
ペットの病院は保険が利かないため、薬代も処方代もかなりの高額になります。
1度投与すればもう必要ないというわけではなく、害虫からの予防薬は定期的に継続しなければなりません。
もちろん家族同様、大切に育てているペットですが、高額の薬代が経済的な負担になり、薬を使用する回数を減らさなければならない場合もあります。
側にいてくれるだけで癒される、可愛いペット達には元気でいて欲しいですよね。
そこでうまく利用すると良いサービスとして、個人輸入の代行サービスをしているペットくすりという会社があります。
ペットくすりでは、正規品や、大手製薬会社の審査基準を通過した商品のみを取り扱っています。
フィラリアなどの予防薬をはじめ、サプリメントや動物用シャンプーなど、商品のラインアップが豊富なことで有名です。
日本では病院に行き、医師の処方箋がないと購入できない薬も、外国では薬局などで入手できるものが多いため、品質や安全性の面で、動物病院で処方される薬と全く同じものが、3分の1から5分の1の値段で購入することが出来ます。
またペットくすりでは、さらに値段が安いジェネリック医薬品もたくさん販売しています。
ジェネリック医薬品は新薬と同じ主成分のものが使われているので、薬の効果はほとんど変わりがありません。
また、国際基準をきちんと満たしていますので、安心して大事なペットに使うことができます。
しかし、個人輸入で手に入れた薬を使用するには、十分の注意が必要になります。
最初から自分だけの判断で薬を購入するのではなく、まずは獣医に診察してもらうことが大切です。
決まった動物病院に何度か通うことで、ペットの病気に対して十分な知識を得た後に、個人輸入代行サービスを利用することが良いでしょう。
可愛いペットが少しでも私たちと一緒に長生きできるように、飼い主として細心の注意をはらって育てましょう。