愛犬のためのフィラリア予防薬は通販で

このエントリーをはてなブックマークに追加


ペットブームなどと呼ばれた時代もありましたが、近年では家族同然としてペットと暮らす人々は非常に多くなりました。
特に、日本の限られた住宅事情の中でも室内で無理なく飼育する事が出来るチワワやミニチュアダックスなどといった小型種の人気は依然高いと言えます。
その人気の背景には、日頃長距離の散歩をさせる事が難しい高齢者や何かと忙しい単身者であっても飼育しやすいという点もあるでしょう。
しかしながら、ペットを飼育する以上飼い主として果たさなければならない責任というものも当然あります。
それは単に食事を与え、汚物の処理をし、必要量の運動環境を与えると言う事だけではありません。
必要に応じて予防接種を受けたり、健康管理を行っていくと言うのも、飼い主に求められる最低限の責任なのです。
人間同様、動物にも種によってそれぞれ注意しなければならない疾患があります。
近年では、かかりつけの獣医師の元で、予防接種をしたりしているという飼い主も多い事でしょう。
人間同様、ペットも発症してから治療するよりも予防措置を施していく方が、ペット自身にとっても飼い主にとってもその負担は軽くなるものです。
とはいえ、人間と異なり健康保険が適用にならないため、獣医師にかかると言うだけでも金銭的な負担は大きくなりがちです。
いざ何らかの疾患を発症してしまったという場合には仕方がありませんが、毎年定期的に服用する事になるフィラリアの予防薬は動物病院に行かなくても通販で購入する事が可能です。
この病気の原因となるのは犬の心臓や血管内に棲む寄生虫で、蚊によって媒介されます。
幼虫を持つ蚊に刺される事で体内に入り、血管内に移行してからは血液中の栄養分を吸収しながら心臓にたどり着き、様々な臓器に悪影響を及ぼし、放っておけば死にいたる病気です。
もちろん、感染してからでも治療をする事で完治させる事も可能ですし、住環境の近くに幼虫を持つ蚊がいなければ感染する事もありません。
ですが、いざ感染しても初期の内は症状がないため気が付きにくく、また蚊が出てくる時期にのみ何回か服用する事で予防できるため、多くの獣医師に推奨されているのです。
服用するのは、地域によっても異なりますが、5月頃から12月頃までが一般的です。
服用させる量や回数は、種類によっても異なりますし、体重によっても変わってきます。
大型種程、必要となる量も多くなるため、コストもかかってくると言えるでしょう。
このため、毎年必要となるものだけでも、上手に低価格で購入して利用していくというのも賢い方法です。
ただし、種類によって扱い方や効能にも違いがあるため、最初の年はかかりつけの獣医師の元で処方してもらい、飲ませ方や注意点などの説明をしっかりと受けた上で、次年度からは別ルートで購入するのも良いでしょう。
愛するペットの健康をきちんと守りながら、飼い主の経済的な負担を減らしていく事が出来すのです。